鍵トラブルの中でも多い鍵折れの実態

鍵が折れた!?焦って鍵トラブルを悪化させない方法 鍵が折れた!?焦って鍵トラブルを悪化させない方法

厄介な鍵トラブル~鍵折れの適切な対処法とは~

対応が難しい鍵トラブルとして、鍵折れがあげられます。適切な対処法を知り、いざという時に備えましょう。

折れた部分によっては自分でも対象が可能

ペンチ

鍵折れした時つまむ部分が出ていたら、ペンチなどで抜いてください。上下に挟むことができれば、すっと抜けるケースもあります。精密ドライバーを入れる隙間が残っていたら、空間を広げながら鍵トラブルを解決します。

このような対処はNG

無理矢理引き抜こうとする
引っ張っても鍵折れ部分がとれない場合、鍵トラブル業者に相談しましょう。無理矢理引き抜こうと強い力をかけてしまうと、内部が傷ついてしまいます。シリンダー交換は高額になるため、早めの相談をおすすめします。
鍵を押し込もうとする
玄関を開けようとして鍵が折れると、そのまま押し込む方がいます。とりあえずドアを開けることはできても、内部に鍵が残ります。鍵トラブル業者でないと抜けなくなってしまうので、折れた部分を取り出すのが優先です。

鍵折れの対処をする際は鍵を開けっ放しにしておく

業者に連絡した場合でも、ドアが開いているか閉まっているかで対処法が変わってきます。鍵折れ部分が残っていてもとりあえず扉が開いているなら、手を加えず待ちましょう。下手にいじって施錠状態になった場合、中に閉じ込められてしまいます。業者が到着しても自分が室内にいるため対応できず、やり取りに手間取ることがあります。その際は、鍵トラブルを悪化させないためにも、開けっ放しのまま連絡します。スピード対応してくれる業者だと、すぐに対処をお願いできて安心です。

鍵折れの修理には高度な技術を要する

鍵折れの状態によっては自分で対処が難しく、専門業者を呼びましょう。折れた鍵が中に残ると取り出すのに手間取って、プロでもかなり手こずります。早めに専門業者に連絡したうえで、しかるべき対処を依頼しましょう。

鍵折れの修理は必須です

鍵折れを自分で何とかしても、専門業者の事後処理が必要です。事後処理で気をつけたいポイント、対処法をまとめました。

一度折れてしまった鍵は修復不可能

家の模型と鍵

一度折れた鍵は、接着剤やペンチなどでは戻りません。変な折れ方をして鍵トラブルが広がると、さらに事態は悪化します。鍵は精密機器の一種と言えるほどデリケートなものなので、扱いに注意しましょう。鍵の破損に気付いた時点で業者に連絡すれば簡単な処置ですむトラブルでも、中途半端に手を入れたことが原因で重大なトラブルに発展するケースがあります。必要な作業が多いほど費用負担も重くなるため、プロの診断を急ぎましょう。

プロの手にかかれば15分程度で修理が可能です!

鍵折れなどのトラブルを自分で処置しようとした結果、ダメージを深くする方がいます。大規模な作業が必要になると、コストの負担がネックです。プロの鍵屋に依頼すれば15分程度で終わることも多いので、鍵トラブルが起きた時は無理せずに相談しましょう。

TOPボタン