鍵穴の掃除をしておくことで鍵トラブルの抑制になる

鍵が折れた!?焦って鍵トラブルを悪化させない方法 鍵が折れた!?焦って鍵トラブルを悪化させない方法

鍵トラブルを防ぐために~日頃からできるメンテナンス~

鍵トラブルを防ぐために意識したいメンテナンスを紹介します。鍵折れリスクを減らすため、定期的なお手入れを徹底しましょう。

メンテナンス法

定期的に掃除する
鍵穴の掃除を怠ると、砂やホコリが溜まります。鍵穴の細かい溝が埋まってしまうだけでも噛み合わせが悪くなって、鍵トラブルを招きます。定期的に掃除機でゴミを吸い取って、中を綺麗に維持しましょう。爪楊枝で鍵穴をいじったり針金を入れたりすると、中を傷つけてしまいます。鍵の種類によっては使えなくなってしまうため、無理なお手入れは禁物です。
必要に応じて潤滑油を使用する
鍵の滑りを良くするために、メーカー指定の潤滑油をスプレーします。種類によって適した潤滑油が異なるため、鍵に合わせたメンテナンス商品を使ってください。どれを買ったらいいのか分からない場合は、鍵屋に相談すると安心です。潤滑油がホコリを固めてしまうケースもあるため、掃除機で綺麗にした後にスプレーしましょう。

開閉がしやすい環境を維持することが重要

鍵折れなどの鍵トラブルは、お手入れ不足で起こるケースが目立ちます。滑りが悪くなったところに無理矢理鍵を押し込んで、負荷がかかってしまうためです。正しいメンテナンスを意識して開閉しやすい状況を維持、鍵トラブルを防ぎましょう。

身近な品物でメンテナンスできる~鍵の裏ワザ紹介~

滑りが悪くなった時に試してほしい、鍵折れ防止の裏技を紹介します。身の回りのもので簡単にできるので、ぜひ挑戦してみましょう。

鉛筆で鍵の回りを良くすることができる

鉛筆

鉛筆の芯を削った粉を鍵の凹凸部分にまぶすだけで、鍵トラブルを防止できます。鉛筆の芯に入っている黒鉛が潤滑油代わりになって、滑りを改善するためです。黒鉛はもともと潤滑剤として活用していたものなので、鍵穴を傷める心配はありません。新品に変えたかのようにスルスル入るようになるので、回りが悪い時に挑戦しましょう。

適切に対処すれば怖くない鍵トラブル

鍵折れなどが起こるとパニックになりがちですが、落ち着いて対処しましょう。鍵の正しい扱い方を日頃から意識すれば、鍵トラブルも全く怖くなくなります。

TOPボタン